My マスク

ご自身の顔に合わせて作る、オーダーメイドのプラスチックマスクです。

  • メガネが曇る
  • 呼吸するとマスクがパカパカ動いて気になる

上記のようなお悩みをお持ちの方におすすめです。
お持ちのマスクのインナーフレームとしてもおすすめです。

※マイマスク単体でお使いいただく場合は必ずフィルターをご利用ください。

購入ページへ

 

また、コロナ対策商品も販売しております。詳しくは下記を確認

コロナ対策商品

MYマスクお渡しまでの流れ

① お顔のスキャンデータを撮り(STLデータ)、お申込み、お支払いください。

②撮ったデータを元にMyマスクのデータをこちらでお作りします。

③ 3Dプリンタで造形、後加工。

④ お渡し

 

3DスキャンアプリScandy Pro操作方法

 

① アプリをインストールし、CREATE SCANをタップ

 

②左から1番目のアイコンRESOLUTIONはv2 scanning modeで1.0㎜程度でOKです。

 

③ 左から2番目のアイコンNOISE FILTERは0%でOKです。

④ 左から3番目のアイコンCOLOR MODEはMONOCHROMEを選択します。

⑤中央の録画ボタンでスキャン開始します。

※保存時のご注意

※ スキャンを失敗した場合は✖で撮りなおすか、停止し DISCARD で削除してください。 SAVE 3D SCAN をタップするとアプリに保存されてしまいます。
※ 無料利用は7日に1スキャンのみなので、一度保存してしまうと以後7日の間に再度スキャンしたい場合は有料サブスクリプションを購入する必要があります。

⑥ 撮影のポイント
※一方の耳から他方の耳までしっかりご撮影ください。
(髪が長い方は後ろにまとめるか、耳にお掛けください。耳の位置に合わせてマスクのデータを作成するためです。)
※大きなサングラスやフレームが大きな眼鏡は外して撮影することをお勧めします。(眼鏡のフレームがマスクデータの上部にかぶると、顔にピッタリのマスクデータを作れない可能性があります。)
※被写体(顔)は固定し、カメラをゆっくり動かすとブレが少なく撮影できます。

 

 

Google ドライブ共有フォルダへのスキャンデータ送信方法

 

①Google ドライブに共有フォルダを追加

Google ドライブををお持ちでない場合はインストールします。

メールで届いた共有リンクのURLをタップし、右上の横3点アイコンをタップ、”ドライブにショートカットを追加”し、「マイドライブ」に共有フォルダを追加します。

②MyScansからGoogle ドライブの共有フォルダにデータアップロード

保存データ(My Scans)を開き、共有ボタンをタップします。

③エクスポート

NAMEにGoogleドライブの共有フォルダにアップロードする日付とMyマスクにプリントしたい名前など(英数記号のみ12文字以内)を入力します。
FILE TYPEは STL を選択、
SCALEは MM を選択、
以下、COMPRESS FILEなどはすべて OFF でOKです。
エクスポートをタップします。

④Google ドライブにエクスポート

ここにGoogleドライブのアイコンがない場合は右端「その他」をタップし選択してください。

⑤下部のマイドライブをタップ

 

⑥お客様アップロードフォルダをタップ

⑦お客様のアップロードフォルダ内に保存確認

⑧アップロード

※弊社でデータを確認いたしますので連絡をお待ちください。

 

PAGE TOP
Translate »